DeNAトラベル 自転車保険

DeNAトラベル総合保険センターの自転車保険

比較的保険料が安く保障も充実

エアーリンクとは一般には聞きなれない会社かもしれませんが東証一部上場のディー・エヌ・エーの100%子会社です。

<追記>2015年6月より、エアーリンクはDeNAトラベルへ社名変更しました。
なお、また、DeNAトラベルの自転車保険はチューリッヒ保険が引き受けています。
DeNAトラベルの自転車保険は基本コースと充実コースの2つが用意されています。

 

 

この自転車保険ですが、保険料と保障内容は以下のとおりです。
保険料…300円/月(3,600/年)
賠償責任…1億円
死亡・後遺障害…70万円
入院日額…1,000円
示談代行あり

 

この保険は、自動車等の所有、使用、管理に起因する賠償責任事故は対象となりません。自転車のみです。
ただし、怪我の保障に関しては、自転車にかぎらず全般に保証されます。

 

保険料も比較的安く、賠償責任も1億円なので万一の時にも安心です。

 

なお、この保険の対抗馬として、セブンイレブンの自転車保険をあげておきます。
★セブンイレブンの自転車保険
・保険料…332円/月( 3,990/年)
・保障内容
賠償責任…3億円
死亡・後遺障害…290万円
入院日額…4,000円
示談代行あり

 

賠償責任が3億円とは破格ですが、果たしてそこまで必要なのかとも思います。
全体的には甲乙つけ難い内容ですが、エアーリンクの保険料300円/月というのは格安で、かなり魅力的に思われます。
(注:保険料、保障内容は変更になる可能性があるので、詳しくは総合保険センター公式サイトで確認して下さい。)

 

体験談:「DeNA自転車保険 充実コース」に加入しました

わたしは先日「DeNA自転車保険 充実コース」に加入しました。

 

10年程前から自転車で通勤するようになり、いやいや始めた自転車通勤もだんだん楽しくなってきて、今では休日などにサイクリングを楽しむようになりました。

 

通勤では片道10kmの道のりを、路側帯や交通量の多いところでは歩道を使用し走行していますが、実際にヒヤッとした事が何度かあり、事故が起きたらどうなるのだろうと漠然と考えていました。

 

そんな時、神戸地裁の判決で小学5年生の子供が起こした人身事故に対し、少年の母親に9,500万円の損害賠償命令が出たとテレビで目にして事故の重大性を再確認する事になりました。

 

賠償能力が一般人にあるとは思えず、もちろん私も逆立ちしたってそんな金額が払える身分ではない為、対策として「自転車保険」というものに必要性を感じ検討を始めました。

 

安くて補償内容が充実しているものを探し、自転車保険をランキング化しているサイトを見つけ自分に合った商品を検討しました。

 

私の家族は妻と子供二人の四人家族で、上の女の子は小学6年生で友達と遊んだり習い事に行く時などに自転車を使い、乗っているスピードも早くなってきている為保険が必要ですし、下の男の子はワンパクで自転車に乗れるようになって間もなく、徹底して乗り方を教えましたが興奮すると安全確認を怠ったりして一番の不安材料です。

 

できれば家族全員保険に入りたいと考え、個人型ではなく家族全員をカバーできる保険を探し、「DeNA自転車保険 充実コース」を見つけました。

 

人気も上位にあり、安い保険料の割に最大2億円まで賠償責任補償されていて、家族全員カバーしてくれる理想の保険に巡り会えたので、家族と相談しこれからの私たちに必要なものとして加入する事に決めました。

 

もう一つ、保険料の安い「DeNA自転車保険 基本コース」と悩みましたが、近年補償額が高くなってきているので、念のため補償額が2億円の充実コースに申し込みました。

スポンサードリンク