楽天カード 自転車保険

楽天カードの自転車保険

楽天カードを所持していると、時折保険のダイレクトメールが届きます。
その中で自転車保険もあるので少し紹介します。

 

楽天の自転車保険ですが、楽天が運営しているわけではなく、チューリッヒ保険会社とのタイアップです。

 

保険料は月々500円。
補償内容は
・賠償責任…最高1億円
・示談交渉サービス付き
・入院保険金日額…5,500円
・手術保険…最高…55,000円
※保険料・補償内容は変更になる場合があるので、加入の際は最新の内容をご確認下さい。

 

保険料が比較的安いにもかかわらず、賠償責任が1億円あるのは、他社の自転車保険と比べてなかなか優秀だと思います。
楽天カードを持っている人は検討に値する保険だと思います。

 

体験談:楽天カードの自転車保険に加入しました

二年ほど前から、自転車保険に加入しています。
自転車を、我が家の近所の買い物等だけでなく、往復10km位の距離の場所ならば使うようになったからです。都心に住んでいるので、地下鉄やバスといった交通手段よりも、自転車の方が格段に早く到着できるというにも利点です。

 

ただ、頻繁に自転車を利用するようになって、気がかりなことがありました。そうです。もしも事故を起こしてしまったら、どうしよう!?ということです。もちろん、安全運転を心がけてはいますし、車道の右側を走るなどと言う無謀な運転もしていませんが、最近は特に、歩きスマホの人がほとんどで、前を見て歩いていない人が多いので、ヒヤリとする場面もありました。

 

また、私の知人が、スマホのながら自転車運転をしながら急な坂道を駆け下りてきた高校生に、出会い頭にぶつかられ、脳挫傷により、その日のうちに亡くなってしまったことがありました。加害者の高校生は、自転車保険に入っていなかったため、多額の損害賠償を請求しても、果たして払えるんだろうか、と残された遺族は心配されていました。

 

そんなことが重なり、自転車保険を探していたのですが、たまたま日常的に使っている楽天カードから、自転車保険のDMがタイムリーに届いたのです。楽天カードが窓口ですが、引き受け会社は、チューリッヒ保険会社で、月々500円で、賠償責任保険金額が最高一億円という内容でした。

 

申し込み方法も、とても簡単でしたし、ワンコインで自分自身も、家族も安心できるのであれば、安いものだ、とすぐに申し込みました。
万が一、事故を起こしてしまっても、被害者の方との交渉は、保険会社がしてくれるという、示談交渉サービスが付いているのもありがたかったです。自分が加害者になってしまった時に、冷静に交渉出来るとは思えませんから。

 

ただし、保険に加入したからと言って、適当な運転になっては元も子もないですから、今まで通り安全運転を心がけていますし、定期的に自転車店に出向いて、自転車の点検もして貰っています。

スポンサードリンク