自転車保険の種類

自転車保険の種類

4つのパターンがある

自転車保険は幾つかの保険会社が販売していますが、自動車保険やバイク保険ほど種類が多くありません。保険料が安いので保険会社にとってあまり旨みがないというのが実情のようです。
しかし、種類が少ないですが、自転車保険は4つのパターンがあります。これらを整理しておくと、自転車保険選びがグッと楽になります。

 

★自転車事故限定保険
保障を自転車事故に限定した保険です。その分保険料は安くなります。
例:ちゃりぽのあんしんプラン

 

★交通事故全般保険
保障が自転車事故に限定せず、交通事故全般が対象となっている保険です。範囲が広いので安心ですが、保険料は高くなります。
例:チューリッヒのスーパー傷害保険 Liteなど

 

★日常の事故全般の保険
いわゆる、単なる損傷保険です。交通事故だけでなくスポーツやレジャー、日常生活の怪我にも保障が適用されます。保障範囲が広い分、保険料は高くなります。
例:アクサダイレクト、チューリッヒのスーパー傷害保険など

 

★自動車保険や火災保険の付帯特約
自動車保険や火災保険には自転車保険特約をつけることができる保険もあります。その場合、格安で自転車保険に加入できます。
例:全労済の自動車保険など

 

自転車保険を考える際に、まず現時点で自分が加入している保険をチェックしてみましょう。現時点で自転車による事故をカバーしている保険であれば新しく自転車保険に入る必要もありません。また、自動車保険や火災保険の特約もチェックしてみましょう。自転車保険特約があれば格安で付帯できる可能性があります。
当てはまらなければ、「自転車事故限定保険」か「交通事故全般保険」を検討してみましょう。

スポンサードリンク